YouTube動画 はる日記 商品紹介

Insta360の映像にBGMを付けてYoutubeにアップする方法

こんにちははる(@aytk_hal)です
最近俺がチョット苦労した『Insta360で撮った360度映像にBGMを付けてYoutubeにアップする方法』を紹介しようと思います。

こんな動画を作るよ

パソコンなら、マウスでクリックしたまま動画をグリグリしてみて!
スマホなら、スマホを動かしてみて!

はる
360度動画って楽しくて好き!!

使ってる機材

カメラ

お金が出来たらこれに買い替える予定

自撮り棒

これを使うと映像では棒が消えるから不思議!
伸縮タイプで伸ばせば120cmと長くなるので、ドローンが飛ばせない場所でも疑似ドローン映像っぽくも撮れます!

360度映像にBGMを付ける手順

1.Insta360 Studio で映像をカット

Insta360公式アプリ「Insta360 Studio」を使って動画の必要な部分をカットします。
※インストールが出来てない場合は公式サイトのダウンロードページからダウンロードしてインストールしてください。

2.360度動画としてエクスポート

ファイル→エクスポートから、
①360度動画を選択
②エクスポートをクリック

はる
360度映像をMP4で出力するよ!

3.編集用の映像を作る

多分ここで苦労してる人は多いはず、なぜなら俺も悩んだから!!

上でエクスポートした360度動画を直接読み込める動画編集ソフトって少ないし、それが出来るソフトって多分高いソフトだと思うの。はるえりハウスはVegasProとFilmoraを使用しているので、直接読み込むことはできませんでした。
直接読み込めて、直接360度動画として書き出しができる編集ソフトを持ってる人はこのブログを見てないと思いますが、その場合は4へ進んでください。

~ここからは直接360度動画を読み込み・書き出しが出来るソフトを持ってない人に向け~

動画編集ソフトに読み込ませるため、360度動画ではなくて、「360度動画の元になる動画」を書き出す作業が必要になります。

超オススメの動画エンコードソフト

TMPGEnc Video Mastering Works 7は動画のエンコードソフトです。なぜお勧めなのかというと、

  • 読み込めるコーデックの種類が豊富
  • 書き出しの設定が詳細に決められる
  • エンコーダーが綺麗
  • ハードウェアエンコードのエンコードが速い
  • 簡易的な動画編集(タイムライン編集)が出来るテロップも簡単
  • モザイク、映像クロップ、ノイズ除去などのフィルターが豊富
  • 360度映像が取り込める

動画に携わる人なら絶対に活躍するソフトです。


※タイムライン編集の画面

はる
なんかよくわからないコーデック、拡張子の動画渡されたらとりあえずこのソフトにぶち込めば解決する頼りになるソフトだよ!

動画編集ソフトに読み込ませることができる360度動画の元になる動画を作るため、『TMPGEnc Video Mastering Works 7』を使って説明をします。

エクスポートしたMP4の映像データをMastering Works 7に「タイムラインモード」で読み込ませます。

先ほどInsta360 StudioでエクスポートしたMP4が読み込めるはずです。

5760 × 2880 のサイズの360度ではないMP4の映像データを作成します。
平面データMP4とでも言いましょうか!このデータは360度ではなくなるので、マウスでグリグリできなくなります。

4.編集ソフトでBGMを付ける

普段使ってる編集ソフトに平面データMP4を取り込んでBGMを付けます。
書き出すときに5760×2880になるように注意してください。

5760×2880のデータが取り込めないもしくは、書き出せない場合は、TMPGEncのタイムライン編集でBGMを付けましょう!

平面データMP4にBGMが付きました!

5.360度データ化する

平面データMP4のままYoutubeにアップしても360度映像として認識してくれないので、360度動画と認識してもらえるデータに変更します。

使用するのが「Spatial Media Metadata injector」

ダウンロードページ→https://github.com/google/spatial-media/releases/tag/v2.0

Windowsの場合は 360.Video.Metadata.Tool.win.zip

macの場合は 360.Video.Metadata.Tool.mac.zip

をクリックしてダウンロード、インストールします。怪しくて怖い画面だけど大丈夫だよ!

Openボタンを押して、先ほど作った平面データMP4を選択後「Inject metadata」クリックで360度化完了!!

360度化したデータをYoutubeにアップロードすると勝手に360度動画になってるよ!

はる
アップロード完了まで1日以上かかるかもしれないけどね!

まとめ

Insta360録画データ(.insv) → 360度データ(.mp4) → 平面データ(TMPGEnc) → BGM付平面データ(動画編集) → 360度動画化(Inject metadata)

って流れですね。ちょっとめんどくさいよね。いや、かなりめんどくさいですね!

Insta360 studioが音声データに対応してくれればいいし、そもそも360度映像データの拡張子が最初からMP4だったらこんなに苦労しないのに!
360度映像は、最近は不動産業界で人気ですね!物件データとか紹介するのに使ってるところがあります。

360度動画は好きだけど・・・普及するのかな?笑
動画サイズで開始、アップロード遅いし、まだまだ扱いにくい印象ですね。

でも、やっぱり楽しいから好きです。BGM付の360度映像作ったらぜひ教えてください。

-YouTube動画, はる日記, 商品紹介

© 2021 はるえりハウスBLOG