えり日記

モデルナワクチンを接種した結果、おしりに湿布を貼った30代女性の記録

これは、職域接種でモデルナ社製のコロナワクチンを2回接種した30代女性の記録である。
30代女性って、えりのことなんですけどね!
1回目も2回目も割とつらかった…
特に2回目の接種後がすごくしんどくて…
良いブログネタになると思い、意識朦朧とする中、夜中3時ごろにメモを始めたんだ…
謎のブロガー魂を見てください。
あ、コロナワクチンのせいで人生で初めておしりに湿布を貼ったよ☆

 

モデルナ社製コロナワクチン1回目接種

2021/07/09 11:15 1回目のコロナワクチンを接種
注射ガン見。思ってたより深く刺すやん!と、衝撃を受ける。

■1日目

特に何もなし。

■2日目

昼過ぎから頭痛が…。
熱を測ったら37℃。
カロナール飲んだら37℃以上は上がらなかった。
それ以降は、熱を測ってないからわかんないけど。
ただ、腕が痛すぎる。
シャンプー・ドライヤーのときはもちろん、トイレでパンツを上げ下げするのも苦痛。

■3日目

熱は引いた。でも、腕は全然痛い。

■4日目以降

腕の痛みはほぼ引いた。
勝利を確信!したはずだった…

■1週間後

コロナワクチンを接種してちょうど1週間後の7/16
モデルナアームが出た…!

モデルナアームとは・・・?

数日から1週間後くらい経ってから、接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てくることがあり、いわゆる「COVIDアーム」(または「モデルナアーム」)と呼ばれています。
ほとんどが武田/モデルナ社のワクチンで報告されていますが、ファイザー社のワクチンでも稀に起こります。

引用:厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A

モデルナアームは20~40代の女性に多くて、それでも全体の2.2%?っていってたかな。
なぜ、その2.2%に入ったんだ!!!
真っ赤に腫れて、めちゃくちゃかゆいぞ!!!
気が狂うレベルのかゆみが3〜4日続く。

ムヒを人生で1番使った時期。
ムヒを塗ると痒みが治るわけではないけど、ひんやりするので気が紛れる。

 

モデルナ社製コロナワクチン2回目接種

2021/08/06 10:45 2回目のコロナワクチンを接種

■1日目

11:15
接種してまだ30分しかたってないのに、腕が痛くなってきた。1回目より早い。

12:30
帰宅中に頭痛がしてきた。日傘を忘れて日差しを思いっきり浴びたから?

16:30
腕の痛みが酷くなってきたので、つらくなる前にシャワーを浴びる。

17:30
軽くお昼寝を開始。日差しを浴びて疲れたのか眠い。とりあえず不調は全部日差しのせい。

18:30
はる(夫)の帰宅と同時に起床。熱を測ってみたら37.4℃。
特にだるさはないけれど、熱があるってわかった瞬間から頭痛が!笑

19:00
夕食を食べてカロナールを飲む。

20:00
ヒマだし熱と頭痛があるので寝ようとするも、暑すぎて眠れない。
クーラーの設定を26°から24°に。
熱を測ったら37.7℃で「熱が上がりきったから暑いんだな」と思った。
ファイザーを打った母がMAX37.5℃で弟がMAX38℃、モデルナを打った父がMAX37.7℃の熱が出たって言ってたので、こんなもんかなと。

0:00
身体中の痛みと寒さで起床。悪寒がやばい。
熱は37.5℃。薬切れた?もっと熱が上がるなと覚悟。
とりあえず寒すぎるので、半袖短パンから長袖長ズボンに着替えて靴下を履き、毛布2枚を出して、2体のくまのプーさんを抱き抱えて布団に包まる。
クーラーも27°設定に変更。
人生で1番つらい30分を過ごす。
なんでこんなに寒いのに、今年はこたつ出してなかったんだろう…」と一時、意識が朦朧とする。やばすぎ。
過去にインフルエンザで40℃の熱を出したことは何度もあるけど、つらさが比じゃない!気がする(たぶん忘れてるだけ)。
死んだひいばあちゃんに「助けて!死にそうなぐらいつらいけどまだ死ねん!」とひたすら祈りながら、「コロナになったらもっとつらいんや!がんばれえり!」と自分を鼓舞激励。

1:30
熱を測ったら38.8℃。
はるが氷枕を持ってきてくれたけど、まだ全然寒くて使ったら死ぬと確信。
「つらすぎるけどがんばってる!」と、なぜかメンタル面を報告。
頭痛と身体中の痛みで眠れず、この記録をメモし始める。
良いネタだからブログ書こうって。
いや、メンタルwww

2:30
まだ悪寒はあるけど熱くなってきた。
熱を測ってみたら39.2℃。
くそが!!!
しんどすぎてイラッとする。
大丈夫、メンタルは全然死んでない。
私の中のメンタルヘラクレスは重量上げや砲丸投げをしながら「つらいんじゃボケぇええええ!」と叫んでる。
脳内オリンピック。
たぶん優勝できる。
なお、私の体温を見たはるは「これはつらい…」とボソッと言って、顔がちょっと引きつってた。
いや、めちゃくちゃつらいで。
さすがに熱が高すぎるから、カロナールをキメた☆

えり「伊右衛門京都ブレンドが美味しいのに、すぐおしっこ行って出るからもったいない」
はる「熱があるとき、そんなもんだから!どんどん出して!」

伊右衛門京都ブレンドを大量買いしとけば良かったと後悔。

普段、節約とかしないやつが急にもったいないって言い出す。
しかも、今思えばもったいないの感覚が謎。
すぐおしっこ行って出るからもったいないって何?
これはもうだめだ…

3:00
相変わらず暑いのか寒いのかわかんない。つっら!

■2日目

8:00
38.8℃。ぜーーーんぜんつらい。
昨日美味しいクロワッサンとカレーパン買ったのに全然食べられない。
ごはんと味噌汁と梅干しを食べて、カロナールをキメた。

11:00
38.8℃。熱ぜーーーんぜん下がらない。
「もうシャインマスカットしか食べられない😤」って言ったら、はるがシャインマスカットを買ってきてくれた。
わーい🥳あとミスド🍩わーい🥳

14:30
寝たきりで腰痛い!熱は37.1℃!クロワッサンたーべよ!

15:00
寒い。また強烈な悪寒が…

17:00
暑くて起きた。汗のかきかたが異常。
おもらしみたいな汗かいた。

気持ち悪いし、とりあえず悪寒のない今のうちにシャワー

17:30
熱は36.8℃!だけど、まだ頭痛があるし、熱が出るときのニオイがする。

 

19:00
37.7℃。また、ちょっと上がった。
トイレに行こうと思いベッドから立ち上がって一歩踏み出したときに、ベッドの角に小指を強打。
いつもはスリッパ履いてるのに、なぜか素足だった私。
左足の小指の爪が半分プラーンってした。
めっちゃ血が出た。

左足の小指に心臓があるみたいにドックドックする。
ぴえーん!と思ってリビングに行ったら、はるがソファで寝てる。

えり「小指しんだ…」
はる「…ん?大丈夫?…すやぁ」
えり(くそぅ!全然心配してない!!!起きたら大出血したティッシュ見せてやるんだから!)

神よ…なぜ、苦痛を感じているときにさらなる苦痛を与えるんですか…?
これは何かの試練でしょうか…?

20:00
38.2℃。またつらくなってきた。
ごはん、味噌汁、梅干し食べてカロナール。
そして、寝たきりで身体中が痛すぎる。

えり「寝すぎて身体中が痛い…」
はる「かわいそう…つらいね…もうちょっとがんばったら新人類だから!」
えり「(新人類?なんだそれ…)とりあえず、おしりに湿布貼って」
はる「…おしりなの!?」

人生で初めておしりに湿布を貼ってもらった…!

■3日目

7:00
37.2℃。結構ぐっすり眠れた。ちょっと楽になったかも。
でも身体中痛い。頭痛もまだある。

9:00
37.4℃。なかなか下がりきらない熱…

17:00
割とスッキリ!熱も下がった!
私は新人類になったのだ…!!!

■1週間後

2回目の接種では、モデルナアームは出ませんでした!
よかったー!

 

まとめ

いやー、コロナワクチン接種は正直めちゃくちゃつらかったです。
1回目はモデルナアームで、2回目は高熱に苦しめられた。
でも、コロナが感染爆発してる今の状況を見ると、ワクチン接種しておいて良かったと少し安心。

アメリカでは「ワクチンを打ったところに磁石がくっつく」みたいなデマがあったけど、そんなわけあるかい!どんなデマやねん!
世の中の医療関係者の人たちが、ワクチン接種をして少しでも感染抑えてほしいと思いながら必死で働いてるのにね。
病床が足りずに、助かる命が助からずに死んでるのにね。

なんか急にまじめな話になってしまったけど、持病があって打てない人以外は早めにワクチン接種をしたほうが良いんじゃないかなと思いました!
まぁ、個人の自由ですが!そんな感じー!
ちなみに、もしインフルエンザワクチンみたいに毎年打たなきゃいけないってなったら、次はファイザーがいいな…。
モデルナアームが本当に地味につらかったので。

-えり日記
-

© 2021 はるえりハウスBLOG