はる日記 商品紹介

Youtubeを始める時におすすめのカメラは何!?

ユーチューバーになるにはどんなカメラを買えばいいのか

はじめに

こんにちは。
はるえりハウスのはるです。

今日はカメラのお話です。
はるえりハウスとして、Youtubeに力を入れ始めてからカメラなどの機材を買うことが増えました。

どんなシチュエーションにも使える万能のカメラが欲しいな!
なんて思っていろいろと買ってみましたが、万能なカメラなんてものはこの世に存在しないのかな・・・なんて思ってます。

はるえりハウスではビリヤード、旅行、アクティビティ、商品紹介、VLOGなど、いろいろな動画に手を出してみました(腕前は置いておいてw)。
そうすると、それぞれ適したカメラが違うって事に気が付きました。

なので、『これからYoutubeを始めたいと思ってる人』や『スマホのカメラから1ランクアップしたい人』に向けて記事を書こうと思います。

Youtuberに必要なカメラとは

Youtuberに必要なカメラ=クオリティが高いもの

これから通信技術は5Gになり、映像処理技術はさらに進化。
そうすると、今後はこれまで以上に動画を使って自分を発信する世の中になっていくと思います。

Youtubeはすでにレッドオーシャンなんて言ってる人がいます。
たしかに、Youtubeで飯を食っていこうって人にとっては難しい世界かもしれません。
でも、『自分を発信していく場所』として、これからどんどん盛んになっていくのではないでしょうか?

自分を発信するためにYoutubeに動画をアップするのであれば、『自己満』ではなく『見てもらうことを意識した動画』にしなければいけないと思います。
そこで必要になるのが、動画のクオリティ。

動画のクオリティといっても、内容のクオリティをいきなり上げるのは難しいですよね。
でも、画質のクオリティは簡単に上げることができます。

最適なカメラを使うことによって、動画の画質は上げることが可能!

ということで、撮りたい動画(シチュエーション)に合わせたカメラ選びをしましょう!

撮りたいシチュエーション別!おすすめカメラ一覧

SONY ビデオカメラ HANDYCAM PJ630V(長時間撮影用)

これからスタートしました。
2013年製のカメラなので4Kは撮れませんが、フルハイビジョンなので今でも現役。
ただ、お金があれば新調したいと思っています。
メリット
このカメラは、三脚撮影はもちろんの事、手持ち撮影をしても光学補正で手振れが補正されます。
カメラの中にジンバルが入ってるようなものです。
最新のハンディカムは、さらに手振れ補正が強くなってるようです。
そして、動画専用機なので、動画撮影だけに特化しています。
大容量バッテリーと合わせることで、長時間の撮影ができるのが強みです。
重たい事を許容できればオールマイティだと思います。

■デメリット
重たいので持ち運んで外で撮影するときは荷物が重たくなる覚悟が必要です。
フラッと外に出て撮影って感じにはならないです。
カメラ自体が大きいので、被写体が心構えしてしまうことがあって自然な感じの映像が撮れないことがある。そして、カメラが周りの目が気になることがある。

使いどころ
この形のカメラは、先ほど挙げたデメリットが気にならないというのであれば本当にオールマイティだと思う。
VLOGに使用するもよし、歩き撮りもよし、三脚を使った高画質撮影もよし、長時間撮影するのもOK
外部マイク入力端子もある。
さすが動画撮影専用機って感じです。
予算があるのならこのタイプのカメラが一台あればとりあえずすべての撮影ができると思います。

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1G(オールマイティ)

今メインで使ってるカメラ。
小さくてそこそこ持ち運びやすいです。
2020年製なのでハイエンドカメラには劣るが、高性能で高画質。
■メリット
軽い、マイク端子が付いてるので拡張性が高い、スマホ撮影に比べると雲泥の差
F1.8 のレンズなのでボケ感のある映像が撮れる。
300g未満なので、安めのジンバルにも搭載できる。

■デメリット
アクションカメラに比べると手振れ補正は弱く、カメラサイズがデカい事。
アクティビティ撮影に向かない。
電池持ちはそこまでよくないので、サブの電池が必要。
このカメラの特徴で、ピントスピードが速いが、画面の中に人が2人いる場合
ピントが暴れることがある。

■使いどころ
オールマイティなので、どこでも使える。
水中とかアクティビティ以外であればこのカメラでいけると思う!
商品紹介、VLOGなんにでも使えます。

GoPro HERO9(アクティビティ用)

アクションカメラ。
手振れしやすい場面や、水が近い場所などタフな撮影場所で活躍。
雨のディズニーでは助けられた!
2020年発売のHERO9は水平維持機能が秀逸!
■メリット
小さい!軽い!扱いやすい。水の中でもOK
特にアクティビティの撮影時水平維持はめちゃくちゃ難しかったが、HERO9は
超簡単!

■デメリット
暗いところでの撮影に弱くノイズのある映像になる、画質はそこまでよくはない。
電池交換がめんどくさい、外部電源を取りながら撮影する場合、ふたを開けた状態になるので
防水効果が無くなる。
音はそんなに良くない

■使いどころ
大きめのカメラが持ち運べないところ、動きながらとる場合、明るい場所の撮影。
手ブレが多くなってしまうだろう外での撮影や、アクティビティ撮影は絶対にGoPro HERO9!

Insta360 ONE R(アクティビティ+面白動画用)

かなり印象的な映像が撮れる。
防水なのもいい!特殊な映像を撮りたい場合や、三脚で立てておくだけで全方向を撮影できる。
360度撮影をしているため、水平維持と手振れ補正が優秀!
■メリット
普通のカメラでは取れない360度映像が撮れる。
アクティビティ撮影でも水平維持され、手振れ補正が強い。
水の中でも大丈夫!

■デメリット
ちょっと大きい。レンズが剥き出しのため、アクティビティには向くが傷をつけないよう注意が必要になる。
暗いところの画質はそこまでよくない。

■使いどころ
景色が綺麗なところで360度画像を使った映像を入れると、感動的な動画が作れる。
感動的なVLOGを作る場合は持っていてもいいかも!

ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」(高画質に撮る場合)

一眼レフは写真専用機だと思っていたが、aps-cのセンサーサイズで撮る映像はかなり綺麗。
出来れば高倍率ズームレンズと合わせて購入したい。
もっといいレンズがあるけど、この組み合わせはかなりコスパが高い。
■メリット
スマホ動画がありふれてる中、APS-Cのセンサーサイズの映像はボケ感など映像の画質が、頭一つ抜け出すことができる。
レンズを変えることで広角の撮影ができたり拡張性が高い。
当然マイク端子が付いてるので外付けマイクを付けることができる。
シネマティックな動画撮るならAPS-Cのカメラ使ってるといいかも!
暗所での撮影もかなり綺麗になる。

■デメリット
重たい。ジンバルに乗せようと思うと高価なものが必要になる。
手ブレ補正は難しい。

■使いどころ
三脚を使って撮影できる場合は一眼がおすすめ!
F値の小さいレンズを使って、夜間撮影するのもあり。
映画のような動画を撮りたい場合は間違いなくミラーレス一眼

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自分がどんなコンテンツを作成するか決まっていれば、どんなカメラを買えばいいかわかってきたのではないでしょうか?

はるえりハウスでは、ほとんどZV-1で済んでいます。
アクティビティの撮影とか本当はしたいんですけどねー笑

少しでも参考になったら嬉しいです。
そして、動画仲間が増えたら嬉しいなと思いつつ終わりにします。

ばいばい!

-はる日記, 商品紹介

© 2021 はるえりハウスBLOG